田園調布二丁目 プレミアム分譲戸建

安心の住まい

地震の揺れに強い独自の技術をもつ細田工務店による安心安全な品質基準

家づくりへの取り組み

細田工務店ならではの「自社一貫体制」に基づく「直営責任施工」
「住宅性能表示制度(設計性能評価)」に対応
「住宅性能表示」とは、国土交通省から指定をうけた第三者である住宅性能評価機関が、客観的に物件を審査・評価し、設計住宅性能評価書を交付するものです。これまで評価しにくかった構造、火災時の安全、劣化、省エネルギー対策、空気環境、高齢者への配慮の具合などを数値で表わした新しい基準です。

耐震・耐久性能

すべての宅地について地盤調査を実施しています

当社標準の地盤調査は、住宅用の調査方法として実績がある「スウェーデン式サウンディング試験」を本調査として採用し、地盤の強度などを判定しています。さらに、周辺地盤の履歴調査や、周辺道路の確認などの調査も実施しています。地盤調査の測定結果から算出した「地盤の許容応力度」をもとに、現地周辺状況調査・近隣の地盤調査データなども考慮して、地盤改良の必要があるか、どのような改良方法が適切かを判断しています。

事前調査
  1. 旧地形図や造成図など、既存資料による調査
  2. 周辺地域の資料、造成工事資料などの調査
  3. 当該宅地はもとより、周辺の道路・擁壁・建物などを現地で確認調査
本調査

原則として、「スウェーデン式サウンディング試験」による地盤調査を全棟で実施しています。

地盤調査の結果により、地盤改良の有無が判定されます

「地盤改良」
地盤調査の結果により地盤改良の有無が判定され、改良が必要とされた時には、その手段、必要な長さ・個数、本数が決められます。改良手段として、通常はソイルセメントコラムを採用。さらに不快長さが必要になる場合には鋼管杭を採用しています。 ※小口径鋼管杭

スウェーデン式サウンディング試験結果表  地盤改良工事風景
最新のCADソフトで軸組材の構造計算を実施しています
最新のCADシステムにより、設計担当社員が詳細に壁量計算を実施しています。特に基礎の配筋や梁の大きさ、耐久壁の配置などについては、構造計算を全棟行っています。住宅性能評価書(分譲団地における設計住宅性能評価書)において、耐震性能で高等級2をクリアできる構造となっています。
性能表示の構造計算書
高耐震ベタ基礎工法で家族の安心を支えます

建物基礎の床面全体に耐圧盤(スラブ)を施すベタ基礎は、建物を面で支えることで、重み・地震・台風など、さまざまな力を効果的に分散させます。また、シロアリの予防にもつながります。

建物全体を支える頑丈な基礎は立上り幅を約150mm、コンクリートスラブ厚を約180mm、鉄筋間隔は約200mm~300mmと、ハイスペックな仕様を標準設定し、高い耐震性、耐久性を長期にわたって発揮します。(数値については誤差が生じる場合があります。)

ベタ基礎工法施工例
各所に鉄筋を補強して強度を高めています
耐圧盤(スラブ)

耐圧盤(スラブ)には、大きな曲げ力がかかるため、各所に鉄筋を補強して強度を確保します。耐圧盤(スラブ)に用いる鉄筋の太さと間隔は基礎立上りの囲まれた面積により決まります。当社では一棟ごとに構造を計算しています。

耐圧盤(スラブ)配筋施工例
配管貫通部

配管などで鉄筋が切断されてしまうような場合にも、耐圧盤の強度が低下しないように鉄筋を追加して補強しています。

配管貫通部
中通基礎

人通口(点検時などに人が通るためのもの)などで、基礎の立上りが連続しない部分には、強度不足が生じないよう、耐圧盤の鉄筋を補強しています。

人通口施工例
建物と出隅と開口部

通常、建物の出隅には大きな引抜き力がかかります。また、建物内部でも、幅の広い引き戸の直下などには、耐圧盤を通じて、大きな接地圧がかかります。これらの箇所は、適切に補強鉄筋を配置して強度を確保しています。

建物と出隅と開口部
専用クリップでしっかり固定

アンカーボルトを鉄筋に専用クリップで取り付けることで、コンクリートとの付着力を高めます。

専用クリップでしっかり固定
配筋状況をしっかり確認

基礎鉄筋の配筋状況や補強状況は、コンクリートを打設する前に社員および第三者機関の検査員による確認を行っています。

配筋状況をしっかり確認
厳選したコンクリートを使用しています

基礎に使用するコンクリートは、自社規定の配合を正確に維持するため、厳選した専門業者を通して最寄りのJIS認定プラントから現場に搬入します。

コンクリートの強度確認

第三者機関によるコンクリート受け入れ検査を抜き打ちで行ない、基礎コンクリートの圧縮強度試験を実施しています。

さらにコンクリート打設後、圧縮強度確認を実施しています。また、コンクリート強度の均一化を図るために、季節によりコンクリートの配合を細かく管理しています。
コンクリート強度は、RC造の建造物と同じ基準で設計しています。

強度試験用テストピース 圧縮強度試験成績表
設計基準強度:21N/㎟
※この強度を保つために、当社では発注強度を24N/㎟としています。(冬場は27N/㎟以上)
コンクリートの保護

基礎のコンクリート打設後は、コンクリートに含まれる水分の急激な蒸発防止(夏場)や凍結防止(冬場)のために養生シートをかぶせ、保護しています。

蒸発防止養生  凍結防止養生
高耐震+制振 6面対構造 HYBRID CUBE
剛床と耐力壁で囲まれた高耐震6面体構造

筋かい・火打ち梁だけでなく、壁・床に構造用面材を張ることで、地震・台風などの水平面に強い、6面体構造の建物としています。

壁(耐力壁・準耐力壁)

筋かいに加えて、外壁には約9mm厚の構造用パネル、内壁には約12.5mm厚のせっこうボードうぃ張ることで、壁の強度を高めています。

従来の軸組工法 床の剛性が低いと変形しやすい 高耐震6面対工法 構造用合板を敷き込み、剛性を高めます
コンクリートの保護

鉄鋼火打ちに加えて、約24mmの厚床合板を用いる根太レス工法、または約12mm厚の構造用合板を用いる根太落とし込み工法とすることで、床の剛性を高めています。また、床梁、小屋梁とも、約910mm間隔とすることで、構造用合板をしっかり固定し躯体の剛性を向上させています。
(数値については誤差が生じる場合があります。)

根太レス工法(2階梁) 根太落とし込み工法(1階床暖房部分)
耐震工法を融合

高い耐震性能をもつ制振壁が繰返し発生する地震エネルギーを熱エネルギーに変換することで揺れを吸収。建物の変形を軽微に抑え、長寿命化を高めます。

揺れのエネルギーを吸収する

銅製ダンパーが上下に変形し、地震(運動)エネルギーを熱エネルギーに変換することで揺れは吸収されます。

建物の長寿命化

制振壁が度重なる揺れのエネルギーを吸収することで、建物の変形を軽減し、長寿命化を図ります。解析では、1階の各方向の壁に対し2壁の配置で性能を発揮する結果となっています。 ※2階建て30坪を想定した場合。 ※制振壁の配置枚数は、建物の規模やプラン等に応じて決定します。

揺れに耐える強さ「壁倍率5」

細田工務店では採用している延樹・ブランチは、国土交通省が定める大臣認定で5倍の壁倍率を取得しています。大臣認定の壁倍率としては最大の数値となり、一般的な片筋かい耐力壁の2.5倍、構造用合板耐力壁の2倍の強さをもち建物の変形を抑えることが可能となります。

実際の施工写真
制振性能がない建物と、制振性能がある[ハイブリッドキューブ]工法の建物を比較した場合、同じ壁量でも建物の変形を低減することができます。
施工精度を高めるための厳しい基準を設けています

柱・梁は、住宅の構造材として最も強度・耐久性が求められる重要な部材です。どの一棟も変わらぬ精度で施工をするために、ムク材より強度が高い構造用集成材を使用しています。また、構造材など重要な部材は、すべて細田工務店が指定したものに限定して使用しており、しっかりと品質管理ができる国内工場で加工した集成材に限定しています。

構造用集成材の特長
構造用集成材の梁 JAS製品の使用

耐力壁外周の釘打ちの間隔は、建築基準法で定める約150mm以下よりさらに細かい間隔の約120mm以下も自社基準とし、確実に規定を守れるようにしています。(※1)
また、使用する釘も厳しい基準を設けています。特に面材の留めつけ用の釘は、2×4工法で使用するCN釘と呼ばれる、太くしっかりした釘を採用。さらに、使用する釘の頭は、釘の長さによって色分けしています。これは、ミスを予防すると同時に、現場をチェックする検査員が施工された釘の長さを色で判断できるようにするための大切な工夫です。

釘(色分け)耐力壁外周
※1
外周の釘打ち間隔:@約120mm以下
中通り釘打ち間隔:@約120mm以下
(施工には誤差が生じる場合があります。)
補強金物により、さらなる高い耐震性能を実現

接合部は、金物でしっかりと補強。ゆるみ防止も図っています。

鋼鉄火打ちと羽子板ボルト メインプレート ホールダウン金物

快適性能

シックハウス対策に対応した健康住宅仕様

建築基準法に対応することはもちろん、つねに清浄な室内空気環境を求めて、内装用建材をホルムアルデヒドの発散量がきわめて少ない、最高水準のF☆☆☆☆としています。

建材などの対応例
排水音が室内へ漏れるのをできるだけ抑えます

天井裏や壁内部を通る排水管には遮音シートを巻いて、気になる排水音を遮断するように配慮しています。

1階天井部分の防音対策 壁内部分の防音対策 床下部分の防音対策
床暖房で心地よいリビングダイニングを実現
空気がきれいで乾燥しにくい

床暖房は、エアコンに比べて空気が乾燥しにくく、温風によって皮膚の水分を奪わないので、肌やノドにやさしい暖房です。また、床暖房は風がないので、ほこりや花粉、ダニのフンや死骸などのハウスダストを舞い上げません。

【室内に舞うほこりの量を比較】 東京ガス調べ
室内の空気をかき回し、スーパーアイ画像で時間経過を観察したものです。2時間後、エアコンは空気中にほこりが舞っていますが、床暖房はおさまっています。
部屋全体があたたまる

ガス温水床暖房は床面を約26~30℃に保ち、足元から部屋全体をムラなく暖めます。ムラなく均一な温度で「頭寒足熱」を実現します。

【垂直温度分布の比較】 東京ガス調べ
■床暖房
床面が約27℃と暖かく、床面から天井まで室温は約20℃で、ムラなく均一に暖まります。
■エアコン
暖まった空気が上昇し、床付近は冷たい空気が漂うので、上下の室温にムラができます。
手間がなく安心・安全

床暖房なら、床そのものが暖房なので、お部屋を広く使えるうえ、暖房器具を置く必要がないので、お掃除もラクラク。季節の変わり目に出し入れする手間も、収納する場所もいりません。

住まいの随所に安心・安全の工夫

居室と廊下などの床は段差をなくしたフラットフロアを採用。また、事故の起こりやすい階段には手摺を設置し、さらに勾配を緩やかにして上り下りの負担を軽減しています。お子様やご高齢のご家族が安心して暮らせるよう、きめ細やかな工夫が活かされています。

和室と廊下の床段差も解消 段差のない浴室出入口
※バリアフリーに関する基準(高齢者等配慮対策等級3)の条件は、浴室の出入口については、20mm以下とするように定められています。
一般的なバリアフリーイメージ図
スイッチの位置にも配慮

照明用スイッチの位置は小さなお子様でも手が届くよう、床から約1,050mm(標準仕様)の位置に設置。逆に床下換気のスイッチは小さなお子様の手が届かないよう、床から約1,900mm(標準仕様)の位置に設置しています。完成後は見過ごしてしまいがちな細やかな配慮が、ご入居後の毎日の暮らしをやさしく包みます。

環境性能

断熱材で家全体を包みます

省エネに優れた断熱材を壁と天井に施工。高い断熱性能は、冷暖房効率もアップし、快適で経済的です。

高性能グラスウール施工例
充填断熱工法

壁の柱・梁などの構造材の間に断熱材(高性能グラスウール)を施工。柱などの外側に断熱材を張る外張工法と比べ断熱性能は同等ですが、外側に断熱材を施工するためのスペースが不要なため、省スペースというメリットがあります。

基礎断熱工法

外周の基礎部分に断熱材を隙間なく施工する基礎断熱工法を採用。断熱材の設置をコンクリートの打設と併せて行うことで、隙間ができにくい精度の高い施工方法です。また、床下に外気を取り込まないことで、温度や湿度の影響を受けにくい床下環境を維持します。

基礎断熱施工例
冷暖房効果を高めるLow-E複層ガラスサッシ

優れた遮断効果を発揮するLow-E複層ガラスサッシを全居室の窓に採用。冬場、暖まった空気を窓から外に逃しにくくします。また、夏場は外からの熱の侵入を抑えるため、涼しく快適な室内を実現します。冷暖房効果が高まるため、省エネで経済的にも優れています。

Low-E複層ガラス概念イラスト
冷暖房効果を高めるLow-E複層ガラスサッシ

健康・快適に暮らしながらエネルギー消費を抑えるためには、断熱・気密性の確保は不可欠です。住宅性能表示制度の省エネルギー対策等級で、最高ランクの「4」(Ⅳ地域)を実現しています。当物件では、平成11年省エネルギー基準を満たしています。

メンテナンス性能 耐火性能

耐久性に優れ メンテナンスも容易なヘッダー配管方式

給湯給水システムには、2ヵ所同時に使っても蛇口の水圧・水量が均一にできるヘッダー配管方式を採用。湯量変化のストレスも軽減されます。配管は、耐久性に優れた架橋ポリエチレン管という樹脂管を用いており、鋼管のようにサビや腐食による赤水の心配がありません。また、継ぎ目がないので、従来の配管と比べて漏水しにくく、配管のメンテナンスもスムーズです。

排水管はメンテナンス性を考慮し二重配管としています

排水管は基礎にあらかじめひとまわり大きいパイプ(さや管)を埋め込み、そこに排水管を通す「二重配管」を採用しています。排水管を通した後に、周囲の隙間をモルタルで埋めて浸水や湿気対策などを施します。
「二重配管」を採用することによって、将来排水管を交換する場合に、建物を支える大切な基礎を壊したりすることなく、容易に交換できます。また、メンテナンス性に優れていることで、建物の耐震性・耐久性を維持することにもつながります。

末永いお付合いのための長期保証やサービス体制
確かな安心を保証する「20年保証システム」

細田工務店の保証は、建物の部位や設備に応じて最長10年、さらに10年目の定期点検(長期保証箇所)を行い、20年保証システム対応メンテナンス工事(有償)を当社の責任施工で実施させていただくことで、長期保証内容の保証期間を最長で10年間延長する「20年保証システム」を導入しています。

住まいのご相談窓口「24時間電話受付」
お電話でご相談を承るアフターサービス窓口を設置。お住まいに関するお困りごとやお気づきの点などのご相談をお受けいたします。相談の内容と希望により、専門業者の手配や緊急を要するメンテナンスの手配なども迅速に行います。
専任スタッフによる「定期循環点検システム」
住宅業界に先駆けて、1965年から専任スタッフによる「定期巡回点検システム」を実施しています。各エリアごとに専任スタッフを決め、お住まいの維持管理をお手伝いし、ご相談い対応する3ヶ月目・1年目・2年目・10年目の定期点検を実施しています。
「省令準耐火構造」に対応しています
省令準耐火構造に対応 ※火災保険料率の優遇が受けられます。

「省令準耐火構造」の建物とは、建築基準法に定める準耐火構造に準ずる耐火性能があると認められた建物です。
「省令準耐火構造」によるメリットは、
①火災保険料率が低くなります。融資時の火災保険料にも適用されます。
②住宅の耐火性能が向上し、避難時間を確保できることが特長です。

注意事項
  • 本パンフレットは、平成26年度5月付けの細田工務店の施工基準(構造・工法・使用部材・性能・数値・等級・仕様など、当社の〈軸組工法・2階建て〉の一般標準となる指針)を表示したもので、その内容を保証するものではありません。
  • 上記、施工基準は予告なく変更になる場合があり、ご覧になる時期や販売期により異なる場合があります。また、各物件の現況を優先します。
  • 各物件の敷地形状や周囲の状況の違いにより、取り付け方、納まりなどの施工状況が本パンフレットと異なる場合があります。
  • 掲載しているイラストや図番などは、分かり易くするために実際とことなる形状・縮尺・色などで表現している場合があります。
  • 掲載しているイラストや図番・写真などの中で表示されている文字や線などの説明表示は、位置のずれが生じる場合があります。
  • 掲載している写真は参考として当社施工を撮影したもので、撮影した場所・時期・時間・天候または撮影機材の違いなどにより形状・大きさ・色などが実際とは異なる場合があります。
  • 物件により、仕様が異なります。上記対象物件をご確認ください。